歯科医院での縁の下の力持ち

歯科助手の資格はあるのか

お口の治療をする歯医者さんには資格が必要ですが、その助手となる歯科助手になるには、資格はいりません。
無資格、無免許でも歯科助手の仕事に就くことは可能なのです。
勤務先の求人にもよりますが、歯科助手は未経験の方でも就くことができる仕事となっています。
ただし、歯科医院では様々な専門用語が飛び交います。
また治療費の請求等、医療事務的業務の際にも専門的知識が求められることも多々あります。
そこで、日本歯科医師会では歯科助手としての必要な知識を教示する専門の学校等で、認定制度や検定試験を行うなど、歯科助手として勤務する方に向けて即戦力となるべく様々な民間資格を設けています。
こうした認定制度や検定試験をクリアしている方が、より多くの医院で求められ、スキルを生かせる環境にあります。

歯科助手に求められる素質とは

国家資格を必要とせず、民間資格があるとより即戦力として働くことができる歯科助手のお仕事に就くために、必要な素質とはどのようなものか調べてみました。
まず、資格なしで歯科助手になると、専門用語や器材を覚えるのが大変です。
加えて患者さんの対応も行わなければなりません。
無愛想な歯科助手では、歯科医院の不安感が助長されてしまうため愛想も必要でしょう。
これらを踏まえてみると、歯科助手として求められる素質には、記憶力はもちろん、分からない時には躊躇せず周囲に聞くことのできる度胸、また患者さんに対する対応力といった素質が求められることが分かります。
人と接するのが好きで、好奇心旺盛。
自ら楽しみながら仕事を覚えたいという前向きな性格の方が求められる仕事であるといえます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る