歯科助手さんの一日に迫る

歯科医師の仕事を効率的にサポート

歯科助手の仕事は、基本的には治療以外の全般です。
歯の治療に関する作業は歯科助手ではできない業務になっています。
治療は資格を持つ人しか行うことができず、これを超えると法律違反となってしまいます。
まず歯科助手は、歯科医院でその日訪れる患者さんのカルテを準備します。
歯科医師がいつでも診られる様に診療環境を整えます。
また治療で使用する器材の洗浄や減菌、片づけ等の準備作業も歯科助手の仕事です。
患者さんが来院したら、受付業務を行い診療室に通します。
また診療後には会計手続き等のレセプト業務も必要となります。
医療事務担当者がいる場合は担当者が行うこともありますが、そのサポートをすることもあります。
この他、診療予約の受付、器材の発注なども歯科助手の仕事の一環です。

診療所のケアもお仕事に

そのほか、歯科助手は診療所全般の清掃や消毒といった業務も担当します。
歯科医師や衛生士等はお口の治療に携わることが多く、それ以外の作業を行う時間がありません。
こうした環境の中、患者さんが安心して治療を受けられる環境づくりをするのが歯科助手の仕事ということです。
診療室だけでなく待合室、またトイレや手洗い場、玄関周りなどの掃除や消毒などの作業も基本的には歯科助手の仕事となります。
お口の治療は基本的に歯科助手が携われませんが、一部、例えば歯医者さんに器具を渡す、またバキュームをつかって唾液を吸う、歯医者さんの指示で印象材を練るという単純作業の中には許されている業務もあります。
どれも資格を持つ歯医者さんの指示の元でのみ行うことが許されています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る