歯科医院だけに留まらない求められる環境

歯科医院以外の職場

歯科助手というと歯科医院で働くもの。
そうイメージしている方も多いかもしれませんが、実は歯科医院以外でもその需要は増えているのです。
例えば、訪問診療。
高齢の方や在宅で治療を続ける方々の健康を確認する訪問診療は歯科の環境にも存在します。
また歯科医院の中には、訪問歯科も請け負っているというところがありますが、そもそも訪問歯科のみの歯科医院も増えているのです。
こうした訪問歯科では、診療する歯医者さんの運転手として歯科助手が求められます。効率的に診療にまわるためルートの確保や他の機関のケアマネージャー等との連携といった作業が必要となり、診療で忙しい歯医者さんに代わってこうした作業を歯科助手が行うケースも増えています。

今後も広がる可能性が高い職業

訪問歯科だけでなく歯科助手が求められるフィールドはさらに広がっています。
歯科助手という言葉の枠を超えて、歯科コーディネーターとして、治療以外の全般を支える医療サポーターとしての需要が増えているのです。
例えば歯科検診などの場合、お口の中の確認作業はできませんが、検診ではそれ以外にも行うことが沢山あります。
小さなお子さんだけに限らず、検診の際にはお口の中を見せるのをためらい、不安に感じる方も多いものです。
こうした方の不安を取り除くため、細やかな配慮や心配りが必要です。
また受付の際には不安な気持ちを打ち明けられることもあります。
そんなときに、歯科医院の顔として、患者さんの不安を拭い、明るい気持ちで診療を受けてもらえるような存在となるのが歯科助手の大切な仕事です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る